Home  » ブログ  » 行事  »  炭焼きソーセージ、おいしかったですか。

炭焼きソーセージ、おいしかったですか。

2013年12月 8日 伊藤

 風の子まつり、盛況でした。

12月8日日曜日、今年も野川こども文化センターの風の子まつりに参加しました。
風の子まつり名物(になったかな?)「炭火で、自分で焼くソーセージ」のお店を出しました。
 
プレーパークの炉をお借りしてまずは炭火の準備から。
新聞紙とその辺に落ちている枯れた木の枝や葉っぱ草などで火を熾します。
今日のお仕事で、ここが一番の難しいところ。
煙に目をしばたたかせながら、木に火が移ったところで、炭を投入。
準備OKです。
火付けに奮闘中
 
 
 
 
 
 
 
 
あとは、お客さんに長ーい竹串に刺したソーセージを、自分のお好み加減で焼いてもらうだけ。
 
今日は寒かったので、焼きながら暖をとれるということで、結構皆さんじっくり時間をかけて焼いてました。
(少々、炭が足りるか心もとなかったので、火力が弱いせいもありましたが///)
炭火焼・1 じっくり焼くと、遠赤外線ですからおいしいんですよね。
 
 
今回も3回4回と買ってくれたお得意様が、何人も
今年のおまけは、「どんぐりゴマ」どんぐりのくじを引いて当たった人には、クヌギのどんぐりで作ったコマをおまけに差し上げました。
 
おかげさまで、お昼過ぎには110本あまりのソーセージが完売となりました。
 
だんだんと生活の中から火が遠ざかっているこの頃。
煙が目にしみたり、服が煙臭かったり、黒い炭が、火が付くと赤くなってやがて白くなるのを見たり、火が熱いっていうこと・・・・子どもたちも体験できたのでは?
Mar 18, 2014 10:08 AM