Home  » ブログ  » できごと  »  「守れ!ぼくたちのふれあいの森」

「守れ!ぼくたちのふれあいの森」

2013年11月27日 伊藤

 南野川小3年生の学習発表会でした。

招待状
野川はあもに、南野川小3年生から案内状が届きました。
11月27日、小学校の体育館で行われる学習発表会への案内でした。
 
どんな風に劇になったのだろう?
ちょっとドキドキ、わくわくしながら、行ってきました。
 
登場したのは、ふれあいの森で遊ぶのが大好きな子どもたち、そしてふれあいの森の妖精たち、ざわざわの森(今はマンションになってしまった)の妖精たち、お父さんお母さん、そして野川はあもの伊藤さん!
 
 
 
 
学習発表会・2
ストーリーは、

子どもたちが大好きなふれあいの森なのに、ざわざわ森の妖精たちの魔法にかかったお父さんお母さんがふれあいの森を壊そうとする。

ざわざわ森の妖精たちは、自分たちの森がなくなってしまったから、生きものがたくさんいて子どもたちに愛されているふれあいの森がうらやましかったんだ。
そこで、子どもたちは
南野川ふれあいの森でどんな遊びができるか、
どんな生き物に出会えるか、
たくさんの魅力を紹介して、お父さんやお母さんに子どものころの記憶をよみがえらせて、森を守る。ふれあいの森が、こんな風に緑や生き物がいっぱいなのは、実は野川はあもというグループが、竹を切ったり、下草刈りをしたり、手入れをしているからなんだ。                                       
学習発表会 これからもふれあいの森を大切にしていこう。
 
といった物語でした。
 
感激でした!南野川ふれあいの森の素晴らしさを余すところなく紹介してくれていました。
とてもイキイキと演じてくれていました。
 
私たち野川はあもも、これからもずっと南野川ふれあいの森を大切に育て守っていかなくては!と決意も新たになりました。
 
3年生のみなさん、そして先生、すてきな劇をありがとう。
これからも、ふれあいの森でたくさん遊んでね。
そして、また野川はあもにも遊びに来てください
Mar 18, 2014 10:08 AM