Home  » ブログ  » できごと  »  南野川小3年生が、森を調べにやってきてくれました。

南野川小3年生が、森を調べにやってきてくれました。

2013年6月19日 伊藤

 「ここで何をしてるんですか。」

6月17日、南野川小の3年生14人が南野川ふれあいの森に来てくれました。
南野川小3年生
 
3年生みんなで町歩きをして、この森に興味を持った子どもたちです。
森に着くや否や、質問が飛んできました。
 
「この森はどうしてできたんですか。」
「ここにはどんなものがいるんですか」
「どんなイベントがありますか」
「どのくらいの広さがありますか」
 わかりやすく説明したつもりだけど、理解してくれたでしょうか。
少し心配
 
質問が一区切りしたところで、まだ森の中へ入ったことがない人も何人かいたので、森を一周しました。                 
 
3年生森を歩くのサムネール画像 
きのこ、クモ、コウゾの実・・・何か見つけるたびに歓声が上がります。
でもうっそうとした夏の森に、「こわ~い」連発の女の子も。
 
最後の方では、カブトムシを男の子が発見
同じ木に、樹液を吸いに来たスズメバチもいました。
                   
今年、ここで初めてのお目見えかな?
         
カブトムシのサムネール画像 一時間弱の森探検、楽しかったかな? 
 
これからも、
みんなのまちの森だから、どんどん遊びに来て、たくさんの発見してほしいな。 
 
くれぐれもハチには注意してね。              
Mar 18, 2014 10:08 AM