Home  » ブログ  » 活動報告  »  落ち葉かきとコナラの苗木の移植を行いました。

落ち葉かきとコナラの苗木の移植を行いました。

2013年2月 4日 森

ぽかぽか作業日和

朝から吹いていた冷たい北風も、11時頃には止み、暖かな活動日となりました。
参加者は22名で、うち子ども9名でした。
 
まず、体操で体をほぐしてから、生き物の冬越しの様子を観察しました。
鳥に食べられて、半分くらいになったカマキリの卵鞘がありました。
食うか食われるかの自然界の厳しさを感じました。
 
また、寒さと乾燥を乗り切る冬芽のいろいろな知恵や、動物や子どもの顔のように見える葉痕などをみていたら、観察の予定時間はあっという間に過ぎてしまいました。
 
その後の作業は、こもれび広場の落ち葉かきを行いました。
子どもたちも熊手の使い方が、随分上手になりました。
 
午後からは、お父さん達が中心になって、ドングリ畑で育てたコナラの苗木を、森の中へ移植しました。
終了する頃には、額にうっすらと汗がにじんでいました。
 
お疲れさまでした(画像はクリックすると拡大します)。
 
   観察会・1.JPG   サンショウの葉痕2.JPG   コナラの移植作業・3.JPG
Mar 18, 2014 10:08 AM