Home  » ブログ  » はあものかつどう  »  落ち葉の重さを計りました。

落ち葉の重さを計りました。

2011年1月10日 伊藤

今年最初の活動日は、1月9日です。21名(うち子供10名)が参加しました。風邪が流行っているので、参加人数は少なめでした。
午前中は、野草を楽しむ散策路付近の落ち葉掻きを行いました。歩くとふかふかして気持ちのいい落ち葉の積もった斜面も、落ち葉掻きには、かなりのボリュームでした。額にうっすら汗をかきながら、子供たちもがんばってくれました。
午後からは、落ち葉掻きの続きを約1時間行った後、落ち葉の観察です。1m四方を小枝で囲んで、その中の落ち葉の重さを計りました。皆さんの推測は2kg、1kg、500g等、まちまちでした。そして計測の結果は約800gでした。またこの落ち葉を広げると、1.4m×1.5mの白い布の上では足りず、落ち葉を集めた1㎡のおおよそ5倍ほどの広さに広がりました。
その後は、落ち葉の下はどのようになっているか調べました。乾いた落ち葉、その下は湿った落ち葉、さらにその下は土壌生物や菌類に分解されてこなごなになった落ち葉、最後は黒い土が現れました。この黒い土は、約千年前の落ち葉からできていると説明を受け、びっくりしました。そしてこの森の歴史の深さを改めて思い知らされました(画像をクリックすると拡大します)。

Mar 18, 2014 10:04 AM