Home  » ブログ  » はあものかつどう  »  セミの羽化に感動しました

セミの羽化に感動しました

2010年7月19日 伊藤

7月18日午後6時からの夜の観察会は、総勢32名の参加でした。お迎えした秋山先生の、経験豊かで軽妙なお話に、感心したり納得したりで、午後6時からの2時間半は、あっという間に過ぎてしまsいました。
前もって仕掛けておいたベイト・トラップには、オオヒラタシデムシやワラジ虫が入っていました。ベイト・トラップに入る虫は、日当りのよい場所や、じめじめした暗い場所など環境によってかなり違うようです。
樹液の出るクヌギには、カナブンやコクワガタ、スズメバチの仲間などが集まっていました。また先生の紙コップを利用した食物連鎖の話から、昆虫や動物の死体や、腐った落ち葉を食べる「森の影の主役」が、豊かな生態系を維持していくために、大切なことがよく判りました。
さて今夜のハイライトは、セミの羽化です。ミンミンゼミの羽化の現場に出会えて、一同大感激。いつまでもその場を離れられない人もいて、生命誕生の瞬間は、どんな生き物であっても、感動しますね(画像はクリックすると拡大します)。

Mar 18, 2014 10:04 AM